2014 SUPER BAD

1986年結成。87年パルコライブアワード地区大会でグランプリを獲得。SMASHの日高氏に評価され、その後ドクター・フィールグッド、ウィルコ・ジョンソン来日公演のオープニングアクトに抜擢。88年シングル『ドナドナ』(アルファームーン)でデビュー。メンバーのエージ、遠藤が、渋谷パルコ・クアトロのオープニングキャラクターとなり、渋谷クラブクアトロ、オープニングの3DAYSをソールドアウトで飾る。89年、2ndアルバム『LOVE OR HATE』をリリース後、関口道生(g)が脱退し、元MUTE BEATの内藤幸也が加入。90年、こだま和文をゲストに迎えた3rdアルバム『QUE SERA SERA』をリリース。91年、元JAGATARAのメンバーらをゲストに4thアルバム『SOUL SOUP』をリリース。92年活動停止。

21世紀に入り、02年、03年とイベント内にて30分間のスペシャルライブ。その後は12年3月「高田エージ 50songs」横浜サムズアップに4人揃って久々の登場、圧巻のパフォーマンスに周囲より再活動の期待が沸く。同年11月、遠藤の地元・会津若松にて短いライブ出演の後、13年3月10日、ついに活動休止以降初のワンマンライブをCLUB QUEにて決行、大盛況に。その日を記録したライブ盤『REVIVE』を同年9月にリリース、そしてCD発売記念ライブを11月CLUB QUEにて、14年11月にも同会場にてライブ。依然タイトなプレイ、90年当時よりも更なるエネルギッシュさとグルーブでますます周りを魅了している。

2015年11月15日、復活後4回目のCLUB QUEライブが終了!!